Emi

記事一覧(7)

【日本海新聞】読者のひろば 散歩道「長谷川富三郎と若者2人の作品」

2018年2月25日日本海新聞「読者のひろば」投稿欄に、倉吉市博物館「長谷川富三郎と倉吉のくらし」展に現在出品中の久保田沙耶・中村絵美の共同制作作品《川のかたち》についてのレビューをご投稿いただいております。寄稿者は稲嶋正人さんです。 2017明倫AIR制作発表会で示された久保田沙耶と中村絵美による作品は、新しいアートの可能性を示したものであり、しかも「分かりやすい」という素晴らしい物であった。2人が取り上げたのは、倉吉では知らない人がいない版画家・長谷川富三郎で、綿密なリサーチを行ったうえで、長谷川の作品を「超えよう」というアプローチであり、「超えられない」という諦観がスタートラインであった。引用: 稲嶋正彦「長谷川富三郎と若者2人の作品」2018年2月25日日本海新聞/読者の広場日付は少し遡ってしまいますが、全文ご覧になりたい方は市内の図書館などでぜひ探してみてください!倉吉市博物館の展示は3月11日までです。今回は博物館での展示ということで、滞在制作中にこのブログでアーティストたちがレポートしていたような、倉吉のまちの様々な伝説や史跡や郷土人等々について、詩や絵の発想の元になったポイントに絞って取り上げ、解説したテキストも付記しています。作品もじっくり見ていただければと思いますが、せっかくの倉吉での展示なので、ぜひ解説も併せてゆっくりとご覧いただければうれしいです。そしてぜひ打吹山や小鴨川沿いの明倫地区のポイント(円形校舎、長谷寺、上や下のおじぞうさんetc...)まで散策してみていただければ嬉しいです。

長谷川富三郎展

今月2月7日から3月11日まで、倉吉博物館の常設企画展「長谷川富三郎」展で、作品展示があります。鳥取県倉吉市の「市報くらよし」2月号に日程が掲載されました。この博物館展示が、明倫AIR2017最後のプログラムとなります。お近くの方はぜひ足をお運びくださいね!【明倫AIR連携】長谷川富三郎展会期 2月7日(水)〜3月11日(日)【同時開催】中部小学校 児童造形展・版画展会期 2月10日(土)〜27日(水)※最終日は午後4時まで博物館休館日2月5日(月)、13日(火)、19日(月)、26日(月)、3月5日(月)「明倫AIR2017」からは、今年のアーティスト久保田沙耶、中村絵美が滞在制作の成果として発表した、 2人の共同制作作品「川のかたち」ほか、それぞれの新作が出品されます。また、今回メインに展示される長谷川富三郎の作品は、三朝美術館さんの収蔵作品からアーティストたちが選定した作品が33作品出品されます。長谷川の作品分析をし、「倉吉のくらし」をテーマに選定した作品です。今回、同時開催される「中部小学校 児童造形・版画展」は、子供達の版画が多数展示されるそうです。学芸員伊藤さんからのご提案で、この児童版画展と合わせてということにとなりました。鳥取県の創作版画普及に心血を注いだ教育者、小学校教諭としての長谷川富三郎の姿を思うこともできるのではないでしょうか。どうでしょうか。併せてご覧くださいね。倉吉博物館さんが今回の明倫AIRの企画を受け入れていただき、多大なご協力をいただいて長谷川富三郎展が実現しました。この場を借りてお礼申し上げます。

来年につづく...

ご無沙汰しています。アーティストの中村です。11月末に明倫AIR滞在が終わり、ドタバタと活動拠点の北海道に帰宅してしまいました。久保田さんも、東京に帰宅。お互い次の企画や展示の準備に向けて制作活動を続けています。11月の滞在制作発表会、たくさんの方に足をお運びいただきまして、本当にありがとうございました。滞在中お世話になった方々はもちろんですが、報道やこのブログを見てお越しくださった方も多かったです。みなさまとじっくり交流することができ、久保田さんと共にとても貴重な時間を過ごすことができました。このブログでご紹介した場所ほとんどすべてに訪れてから来てくださった方もいました。作品のモチーフひとつひとつの置かれた風景や物語を、あるレベルまで共有しながら作品を見ていただけるということも、普段の作品発表ではほとんど起こらないことで、滞在制作ならではの見る人と作る人の対話があったという実感がありました。さらに、個人的に驚いたのは、7年前の明倫AIRで私が発表した、「メイリントーン・プロジェクト」の音楽会にご参加くださった市民の方が、今回の発表会にもいらっしゃってくださったことです。同じ土地で活動できるよろこびを味わいました。この場を借りて、みなさまに改めてお礼申し上げます。ありがとうございました!